« 発酵食品レシピ【酵母液】 | トップページ | 発酵がもたらす効果とは »

2012年8月25日 (土)

酵母菌を使った発酵食品について

そもそも酵母と言うのは、様々な発酵食品(パン、味噌、ビール、日本酒等)を作っていく為の原料となっている食材の発酵を効率よく進めていく為に昔から使われてきたものでした。例えばパン酵母は酵母の中でも代表的な物ですが、パン酵母には生活習慣病を予防したり改善したりする効果が有りますし、腸内環境を整える効果、免疫力を高める効果が有ります。またアルコールの分解で発酵が行われているものに関してはアルコール発酵と言う事になります。

有名な物としたらパン酵母とかビール酵母とかは知っている人が多いのではないでしょうか。また発酵食品を作る為の微生物としてカビ菌が有りますが、酵母自体もカビ菌の一種だそうなのです。また身体に必要なアミノ酸、ミネラル、ビタミンと言った成分があり、こうした成分が補給できる効果も期待出来るそうです。

パンとか味噌、ビールの様な発酵食品を作る為に欠かせないのが「酵母」と言う微生物の一種になります。酵母もレシピによって種類を使い分ける様にするのですが、パンを作るならパン酵母、味噌を作るなら味噌酵母と言う感じですね。酵母を作る為のレシピとしては、発酵食品の原材料となる食材に含まれている糖分に対して、アルコールと炭酸ガスに分解させながら発酵させ、成長させていくのです。

補給などの効果があります。これ自体が食材の発酵と言う事になります。しかしそんな酵母が私達の身体に良い影響を与える物だと研究が進むにつれて分かってきたのです。

« 発酵食品レシピ【酵母液】 | トップページ | 発酵がもたらす効果とは »

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 酵母菌を使った発酵食品について:

« 発酵食品レシピ【酵母液】 | トップページ | 発酵がもたらす効果とは »