« 酵母菌を使った発酵食品について | トップページ | 海外の発酵食品 »

2012年8月26日 (日)

発酵がもたらす効果とは

発酵食品は身体に良い栄養成分が増加していると言うのです。こうして出来た発酵食品の旨みと風味は独特で一癖有る物が多いですので、どうしても無理と言う人もいれば、これがたまらないと病みつきになってしまう人もいるみたいです。こうした酵母類は食品が持っている成分を分解させていくので旨みを更に際立たせてくれるのです。これが食品に独特な旨みと風味を出させているのです。

食材本来が持っている身体に良い成分が発酵される事でより増加される様になります。例えば発酵食品であるかつお節についてですが、タンパク質分解酵素が働く事でタンパク質が分解されてアミノ酸に変わります。この様に色んな効果が発酵食品には有りますので、是非レシピ等を参考にしてみてはいかがでしょうか。通常の殖財よりは保存性が高くなる事も挙げられます。

血流が良くなったり、カルシウムの吸収が良くなったり、肌の保湿効果が有ったり、免疫せいが高くなったりと考えるだけでも色んな効果が期待出来るのです。また発酵食品は旨み成分や身体に良い成分が増すだけでは有りません。こうした原理を用いた発酵食品のレシピもたくさん有ります。しかし旨みが引き出されるだけでは有りません。

微生物の一種である酵母、細菌、カビ類が放っている酵素が働く事で、材料となる食品から炭酸ガス、アルコール類、有機酸類等が発生されます。そしてそのアミノ酸がイノシン酸とくっつく事で旨みが引き出されると言う事になるのです。これは発酵させる微生物が他の微生物の繁殖を抑えてくれるからなのです。その為に熟成させる事が出来ます。

« 酵母菌を使った発酵食品について | トップページ | 海外の発酵食品 »

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 発酵がもたらす効果とは:

« 酵母菌を使った発酵食品について | トップページ | 海外の発酵食品 »